大接近中の火星をコンパク天体望遠鏡C90 MAKを使って観測/撮影しよう。

大接近中の火星をコンパク天体望遠鏡C90 MAKを使って観測/撮影しよう。

大接近中の火星をコンパク天体望遠鏡C90 MAKを使って観測/撮影しよう。 2018年大接近中の火星ですが、7月31日が最大接近日ですが、前後一カ月は普段より何倍も大きい火星が観測できます。この機会に普段なかなか撮影しない火星の撮影にトライしてみはいかがでしょうか。 軽い、コンパクト持ち運びに便利(持ち運び用のバックにつき) 火星、木星、土星など主要な惑星の撮影に十分対応できる。 重量は1.7kgと軽量でカメラ三脚でも対応できる。 スマートフォン、一眼レフ、デジカメすべて取り付けて撮影可能。...
スペースシャトルに搭載のセレストロンのC5鏡筒で天体(木星/土星/火星)を撮影

スペースシャトルに搭載のセレストロンのC5鏡筒で天体(木星/土星/火星)を撮影

スペースシャトルに搭載のセレストロンのC5鏡筒で天体(木星/土星/火星)を撮影 セレストロン(CELESTRON)のC5の鏡筒の紹介です。スペースシャトルにも持ち込まれていた性能とコンパクトさを持ち合わせた鏡筒です。正像が楽しめるので野鳥やアウトドアでスポッティングスコープとしての使用から天体観測、天体撮影まで幅広く使用可能です。木星、土星、火星、もちろん月の撮影にも最適です。デジタルカメラから一眼レフまで接続可能です。ワンランク上の鏡筒をどうぞ。   セレストロン・C5鏡筒の性能を紹介します...
1 / 11